院長について

松尾083

世の中で苦しんでいる人のために働きたいと願い、医師となりました。そして、がんの治療、手術、化学療法に従事した後、終末期医療に従事する目的で、2011年よりホスピス病棟にて緩和ケアの診療にあたってきました。この間、約250人の患者さんの看取りを通して、緩和ケアの大切さを学びました。
 緩和ケア病棟は、がんとエイズの患者さんしか入院できません。がんだけではなく、どんな病気であったとしても、安心して最期を迎える社会にしたい。この思いから、在宅緩和ケアを専門にするまつお在宅クリニックを開設しました。
 地域での看取りを積極的に行うためには、緩和ケアの教育活動も積極的に行いたいと考えます。具体的には、地域で看取りに従事するケアマネージャー、訪問看護師、訪問薬剤師、ヘルパーと連携して診療を行っていく予定です。 さらに診療情報管理士、医療情報技師として医療の質の向上に努めどんな病気であったとしても、安心して最期を迎えることのできる社会の構築を描いています。

                              まつお在宅クリニック 院長 松尾 勝一

 

(院長略歴)

福岡市立友泉中学 

福岡県立修猷館高校卒業

1988年福岡大学医学部第1外科

1996年糸島医師会病院外科医長

2002年福岡大学消化器外科講師

2010年誠心会 井上病院 緩和ケア部長・内視鏡外科部長

(資格)

医学博士・診療情報管理士 ・医療情報技師 

日本緩和医療学会会員・ 日本がん治療認定機構 がん治療認定医 http://www.jbct.jp/sys_auth_outline.html

日本消化器外科学会専門医/指導医・ 外科がん治療認定医 

日本外科学会専門医/指導医

日本内視鏡外科学会技術認定医(胃がん)
http://www.jses.or.jp/about/certification.html#anc_ma

日本消化器内視鏡専門医/指導医

福岡市看護専門学校講師

日本化学療法学会認定感染コントロールドクター

厚生労働省 臨床研修指導医

日本病院機能評価機構サーベイヤー