当クリニックについて


当医院の施設基準について

機能強化型在宅療養支援診療所(連携型)

がん性疼痛緩和指導管理:
緩和ケアの経験を有する医師(緩和ケアに係る研修を受けた者に限る。)が当該指導管理を行った場合に算定しています。

当院は在宅緩和ケア充実診療所に認可されています。 この在宅緩和ケア充実診療所とは 機能強化型の在宅療養支援診療所で、 看取り、緊急往診、麻薬使用等に十分な実績があり、 緩和ケア・看取りの経験をしっかりと積んだ常勤医師が いる診療所です。 質の高い緩和ケアを提供してることが認められましたが、当院は更に安心できる在宅緩和ケアを目指します。

[施設基準] ① 機能強化型の在支診・病の届出を行っていること。 ② 過去1年間の緊急往診の実績が15件以上、かつ、看取りの実績が20件以上であること。 ③ 緩和ケア病棟又は在宅での1年間の看取り実績が10件以上の医療機関において、3か月以上の勤務歴がある常勤の医師がい ること。 ④ 末期の悪性腫瘍等の患者であって、鎮痛剤の経口投与では疼痛が改善しないものに対し、患者が自ら注射によりオピオイド系鎮 痛薬の注入を行う鎮痛療法を実施した実績を、過去1年間に2件以上有していること、又は過去に5件以上実施した経験のある常勤の医師配置されており、適切な方法によってオピオイド系鎮痛薬を投与した実績を過去1年間に10件以上有していること。 ⑤ 「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針に準拠した研修」又は「緩和ケアの基本教育のための都道府県指 導者研修会等」を修了している常勤の医師がいること。

オンライン資格確認システムを使用し患者の診療情報、薬剤情報等を取得し、調剤、服薬指導等を行う際に当該情報を閲覧し、活用しています。

マイナンバーカードの健康保険証利用を促進したり、医療D✕を通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。

電子処方箋や電子カルテ情報共有サービスを活用するなど、医療D✕に係る取組を実施しています。

PAGETOP